スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/29のツイートまとめ

nonpasSatoshi

買い物した後に、「袋要りますか? Vous voulez une poche?」とトゥールーズでは聞くことが多い。最初「poche」を「ポケット」と取り違え「??」となってしまった。ディジョンに居た時、袋は「un sac」の方をよく聞いていたので、語彙に地域差があるのかもしれない
09-29 20:23

「中継所 relais」っつーから、クロネコの営業所みたいなところを想像していったのだが、想像してたのとは全く異なり、行った先は、Couleurs d'Orient というオリエント雑貨屋。パスポートを提示しただけで受けとれた。
09-29 04:43

アマゾンから本が届く…というか中継所まで取りに行く。恐らく、凍結中の日本の携帯の番号を指定したままの状態で注文したので、私の携帯に電話しようとした配達員さんは「こちらはNTTドコモです…」という音声ガイダンスを聞いたのでなかろうか…。やっぱ携帯持つべきかなぁ…。
09-29 04:38

スポンサーサイト

09/27のツイートまとめ

nonpasSatoshi

そいや大事なこと書き忘れてた。エラスムス・ムンドゥスのマスターコース、哲学の男女比はほぼ半々といったところ。いや、女性のほうが多い…かも(ちゃんと数えてない)。日本とは事情がちゃいますな。
09-27 20:25

la rentrée っていうのは、「夏休みの終わり」と「新学期の始まり」をこの一語で言い表せることが出来ることば。私の rentrée は来週からです。思ってたより物事はかどらなかった…あと、2度寝グセを直さないと。木曜限定だけども朝8時半から講義があるってほとんど狂気
09-27 18:13

「夏」は外気温摂氏50度?カニバリストたちがうようよ?ってな感じでちょっと戸惑う。世界観などよく分からないまま、読み進めると最後のあたりでは、チョコレートケーキの仕掛けでぽかーん…何の寓話だったんだろうか。神町のように『□』の設定を多面的に展開してくれるのかなぁ…
09-27 08:04

4章?構成で「夏」に進むと「あれ…? なんかいつもの阿部かな…?」と違和感。この作家に「いつも」があるとしたら、それは物語空間の現在と書き手が属する現在が大抵の作品で一致していることだと思っていたのだけれども…
09-27 07:58

昨夜、どうしても日本語の小説を読みたくなったので、阿部和重の『□(しかく)』をkindle版でDL(海外にいるとkindleホント便利だが、iPad だと重すぎてベッドにゴロンとして読書灯で読むっつーのは筋トレになる)。
09-27 07:54

冷蔵庫のない生活―la vie sans frigo

Quand je faisais des courses dans un supermarché aujourd'hui, un sujet dont je parlerai dans mon blog est survenu: la vie sans frigo. Compte tenu du fait que mon séjour en France ne dure que cinq mois et que, l'été étant passé, il fera de jour en jour froid, je pense pouvoir me dispenser de frigo.

ブログネタどうすっかなぁっとボンヤリ考えて買い物していた時に、思いつきました。ツイッターなどでぼやいているのでご存知の方もいるかもしれませんが、冷蔵庫がいま無い状態で暮らしてます。そうだ…これを書けばいいんだっ! 冷蔵庫買ってしまえば、なんか普通の生活になっちゃって書くことを失ってしまいそうだけど、

このままフランス生活は冷蔵庫なしでやれば、それはそれで面白いんじゃね?
って思いつきです。

決してブログのために冷蔵庫を買わないのではなく、あれこれ考えてみた結果、なしでいけるという結論に達したからです。

以下主な理由。

・帰り道に地下鉄→バスと乗り継ぎをし、バス停のすぐ近くにスーパーがある(毎晩必要なものを少しずつ買えばよい)
・今回のフランス滞在は残り5か月程度(来年の今頃にまたに戻ってくる可能性あり)
・夏はもう終わり、これから寒くなる(一番大きい理由)

冷蔵庫なしで困ることと言えば、

・日曜の過ごし方(スーパーやってないところが多い)
・肉が買い込めない
・乳製品の管理(カフェオレのための牛乳が一番痛い)
・冷えたワインやビールが望めない
・野菜のきれっぱしとかが保存できないため、野菜を買い渋る

これらに対する対処策としては…

・土曜に計画的に買い物
・肉は即日消費か、常温でも2日ほどは持つ煮込み料理にしてしまう
・牛乳は飲み切る
・酒は我慢する(あんまり日常的に飲まないから我慢できる)
・野菜の缶詰が種類が豊富、葉物が難しい分は果物などでカバー

スーパーの缶詰コーナーの充実ぶりは、なかなか見ていて面白いです。缶詰の大きさも家族の規模に合わせて大小取り揃えている印象。種類も豊富で、ホウレンソウの缶詰も見ましたね。マメ系なんかは肉が無いときのタンパク源になりそうだし、勿論オイルサーディンなんかもある。もちろんトマトの缶詰も。これらでパスタソースを作れば普通に一食できちゃいます。ディジョンにいた頃は、缶詰コーナーなど目もくれなかったのですが、今回はお世話になりそうです。トゥールーズにきてから思うのですが、ディジョンって相当なグルメ都市だったんじゃないかなぁと思ってます。火・金・土と開催されていたマルシェ(市場)の生鮮食品の豊富さを、トゥールーズではまだ見ていません(まぁ、見たところで冷蔵庫なければ、買い物にならないので探そうとしてないんですが)。ま、缶詰に詳しくなるのも悪くないかと割り切って、冷蔵庫なしでやってみようと思っております。

同じ文意の独作文しようとも思いましたが、疲れたのでこれにて。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村

09/25のツイートまとめ

nonpasSatoshi

どこかで書いた気がするが、「アプリオリ」はフランス語では日常語になっている。初めて聞いたときひどく驚いた。哲学の用法とは違って「一目見て」って感じの意味になるらしいのだが、日常用法を了解できそうな文脈にまだで出くわしていない。哲学畑の人たちは、この語を日常用法で使うのか?
09-25 21:51

とりわけ現金支払いの場合には、他に記録が残らないので、領収書の重要性は大きい。他方、銀行カードやクレジットによる支払は簡単に記録が確認できるので、下記のような問題は起こりにくいのだろう。しっかり記録してくれよと思うのだが、こちらも注意せねばならなかったのは事実。
09-25 21:15

「領収書」に相当するものを言い表す言葉が多いことを学ばされる。quittance は一義で「領収書」を表す言葉。 reçu でも言える。文脈によっては、billet, ticket, papier なんかでも言えるっぽい。
09-25 21:11

住まいの大学寮が「領収書」を発行しなかった(自分も念を押すべきだった)ためにちょっとしたトラブルになってる。
09-25 21:06

ブログ移転します:http://t.co/5ioL19qsOs テストも兼ねて。
09-25 19:42

フランス人の好物といえば、Steak Frites だけども、目下冷蔵庫がない生活を送っている私の定番メニューは Steak Fruits である…。何とか生きてますよ。このまま冷蔵庫なくてもいけるんじゃね?って気がしてきてる。
09-25 04:06

再開

※移転先です。記事は前のブログとほぼ同様。

もうすでにツイッターで散々呟いているので、ご存知の方もいるのではないかと思いますが…現在フランスのトゥールーズにいます。

今回は観光などやってる余裕があまりないので、ブログ更新の頻度は少なめになるだろうし、たぶん、内容も以前とはかなり変わっちゃうような気がしてます。主に、Facebookで投稿した記事の転載とかになりそうですね。まぁ、ブログはブログとして、なんか別に考えますが、やっぱり以前書いてきたこととギャップができそうなので、ブログを移転した方がよさそうだと思ってのことです。

フランス入国は、9月8日、到着後3週目に入ってますね。まだトラブルは抱えてるのですが(これについて後日書くと思います)、居住環境はなんとか落ち着き、ブログ更新のために、PCに向かう余裕ができたのが、今週になってようやくといった感じです。

Erasmus Mundus (エラスムス・ムンドゥス)というプログラムの学生として、フランスにいます。日本ではあまり知られていないのかもしれませんが、ヨーロッパじゃある映画の影響なのか、結構有名みたいです。行く先々で「あぁ、知ってるよ。でもあれってヨーロッパだけじゃないの?」という反応をされます。

今回の目的は、フランス語で(および可能ならドイツ語でも)口語でも議論が構築できるようになること。プログラム自体が、独仏両方の語学ができる人材を育成することを目標にしてるのですね。あとは、日本でやっていたことの継続、つまりこっちでも勉学に励むことですかね。

トゥールーズ滞在は、およそ半年ほどで、その後は今のところ確定ではありませんが、ポルトガルやチェコなどの選択肢が提示されてます。現地の言葉ができないので、生きていけるのだろうか、と不安になりますが、日本にやってきたエラスムスの学生(日本も関与してます)が、英語もおそらく碌に通じなかったであろう環境で生き延びていることを考えれば、まぁ何とかなるだろうと思ってます。

身分をばらすと容易に個人が特定されるので、控えようかとも思ったのですが、まぁツイッターとかで何となく分かっちゃうはずなので、あんまり伏せる意味もないなと判断して明かすことにしました。


2週間ちょっと過ごしてみて思った率直な感想は、ディジョンのほうが住みやすかったんじゃねーか?と思ってます。

とりあえず、このくらいで。
プロフィル

×さとし

Author:×さとし
旧ブログはこちら→ journaldijon.blog101.fc2.com/

今はトゥールーズにいます。エラスムスの学生として、ヨーロッパのあちこちで迷子になっていくはずです。

カウンター
最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリ
Derniers rétroliens
検索
リンク
Code QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。