スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞書―その2:タブレットのアプリ

最近ふとしたきっかけから、ポルトガル語に触れる機会があり、ぼけーっと文字面見てるだけで何となく意味分かっちゃう場合も多々あって、本格的に手を出そうかと考えています。来学期は、ポルトガルで過ごすのもあっていい機会かもしれません。もはや第一外国語になっているフランス語と同じロマンス系の言語なので、習得はドイツ語に比較するならかなり容易だと思います。

それはさておき、辞書の話2回目。

予定では、電子辞書の話をするつもりでしたが、タブレット端末における辞書の話に変えました。

カシオとかシャープとか、電子辞書メーカーの関係者の方々がご覧になっていたら、申し訳ないかなとも思うのですが、正直な印象を言うと、電子辞書の将来は先細りかもしれませんね。ダウンロードできるタブレット端末のフランス語のアプリだけをざっと眺めてみたところ、Larousse や le petit Robert といった伝統ある、信頼のおける仏仏辞典の出版社は、すでにアプリを販売してますし(ただし、le petit Robert は iPad のみに対応しており、 iPhone は非対応。アンドロイドは、これからのようです)、日本語の『ロベール仏和大辞典』(小学館)や、『プチ・ロワイヤル仏和辞典』(旺文社)なんかも、アプリを出してます。10年後に電子辞書はあるんだろうか、と疑ってしまいます。

僕自身も、必要性から Langenscheidt という独仏辞書や、手持ちの電子辞書には入っていない Oxford の英英辞書、あと、電子辞書ではどうも画面が小さく使いづらいので、le petit Robert の仏仏辞書(一番よく使う辞書)を iPad に入れて持ち歩いています。iPad は上のアプリは、やっぱり既存の電子辞書と比べて圧倒的に見やすく、紙媒体の辞書に近い感覚で見ること、つまり一目見た時の情報量が多く、こっちがメインですね。さらに加えて、紙媒体の辞書よりもかなり安価にダウンロードできるのも魅力ですね。もっとも、iPad 上のファイルを見ている時は、ページ切り替えが面倒なので、電子辞書使いますが…。

恐らく最も手軽に手に入るのは、グーグルやウィキなどが提供している辞書アプリがあると思いますが、これが信頼できるかどうか、使っていないので判断つかないし、やっぱり学習は、いったんある語を引いたら、その言葉の意味を隅々まで目を通すべきだろうという考えから、ちゃんとした信頼のおける辞書以外はここでは紹介しません。

ま、各社のアプリの紹介ページにリンク貼っておきましょうか。


le Robert :
http://www.lerobert.com/espace-numerique/tablette-et-smartphone.html
Larousse :
http://www.larousse.fr/applications-mobiles
仏和大辞典(物書堂っていうアプリの開発元のページに飛びます):
http://www.monokakido.jp/iphone/robert.html
※注意:『ロベール仏和大辞典』は1988年と依拠している版が古く、一般的な使用にはお奨めできません(下記参照)。
プチ・ロワイヤル(同じく物書堂):
http://www.monokakido.jp/iphone/petit4.html

『ロベール仏和大辞典』は、語義の豊富さ、語源解説、類義語に対する解説など豊富な記述量を持ち、よりフランス語を深く知りたいという人にはうってつけなのですが、問題点として、とにかく古い! 確認した限りでは、例えば、情報技術系の言葉に全く対応していないと言っていいです。実際、「ダウンロード télécharger 」とか「インターネット internet 」とか、基本中の基本の語彙の見出し語すらないです。この事情は、カシオ社の Ex-word XD シリーズに収録されている『仏和大辞典』においても同様です。アプリや電子辞書の開発元は、ちゃんと依拠している版の出版年数を製品紹介に付けるべきだと思います。

ところで、Larousse は、ビックリするくらい安かったですね。私としては、多少高くても、使い慣れた le Robert を選んでしまったのですが、これから仏仏辞書を使おうって考えている人は、Larousse もいいかもしれません。le petit Robert に関して言えば、美しいレイアウトだし、「ハイパーテクスト機能」(解説文中の知らない言葉をタップすると、小さいウィンドウが開いてでその語義の解説が出る)もあるので、便利です。大きくはみ出してますが、le petit Robert を開いている時のiPad のスクリーンショットを貼っておきます。

IMG_0014.png

これなら、旧来の電子辞書の見づらさを克服してるでしょ?

ドイツ語のことも書くつもりで、ブログ村ランキングのカテゴリー「ドイツ語」に参加しているのですが、やっぱりフランス語の方が得意なので、どうしても偏ってしまいますね。

てな訳で、フランス人のドイツ語教師に薦められた、独仏・仏独辞典 Langenscheidt (ヨーロッパでは2ヶ国語辞書は、独⇒仏、仏⇒独といった具合に2冊に分けるのではなく、1冊にまとめてしまうのが主流です) のスクリーンショットも貼っておきましょう。僕としては、独仏辞典を使うと両言語の勉強になるので、非常に有益ですね。なお、独仏辞書の他にも、Langenscheidt は各国の言語に対応したアプリを出しているのを確認しました。早く独独を使える程の実力をつけたいものですなぁ…

IMG_0015.png


ドイツ語に関しては、相変わらずいい加減ですが、それでも貼り付けておきます。
↓クリック頂ければ励みとなります。
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィル

×さとし

Author:×さとし
旧ブログはこちら→ journaldijon.blog101.fc2.com/

今はトゥールーズにいます。エラスムスの学生として、ヨーロッパのあちこちで迷子になっていくはずです。

カウンター
最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリ
Derniers rétroliens
検索
リンク
Code QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。