FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとまりのない更新

まとまった記事がなかなか思いつきません。
Facebookのほうにちょくちょく書いているせいもあるのかもしれません。
まぁ少し写真UPして散漫な内容を書きます。

冷蔵庫がない生活なので、どうしても煮込み料理には頼らざるをえません。
P1050826.jpg
代表選手はカレー。スパイスは常温でも保存ができますし、世界のどこへ行っても入手が簡単だと思います。同様の理由でパスタも簡単。留学前に多少レシピを覚えておくと助かります。


果物のサイズについて。写真は桃とリンゴ。比較のために、ジッポライターを立ててみました。
Sans titre
旧ブログで書いたことがありますが、こちらの果物は、日本のと比べるとずいぶん小ぶりです。その分、安いし(1kgで2ユーロくらい)、おそらく糖度に関しては劣っていると思います。あと傷物も多くすぐ痛むものもあるので注意。しかし、気軽に買えるため、何種類か常備してあります。


留学のときに持っていく必需品に、自分は信頼のできる刃物を加えます。
couteau.png
前回の留学のときに、安物の肉切り包丁をスーパー(カルフール)で購入してみたのですが、これが殆ど使い物にならなかった。刃物は、安物を使うとかえって危ないです。余計な力が必要になったりするので、食材ではなく、自分の手を切ってしまう。安物は、たぶん「刃」のつけ方からして粗末です。最小限の力で済むような、角度が付けられていない気がします。つまり、真っ平らな金属板に刃を削ってつけるって感じで、包丁とは呼べるものじゃないって感じがします。それにすぐナマクラになるので、結局シャープナー(aiguiseur)か何かを使わざるを得ない。

もし、あまり研ぐ必要のない・使い慣れた包丁があったら、持っていくのがいいと思います。

写真の刃物は、ディジョンのタバコ屋で売っていた折り畳みナイフ。これ一本で野菜も肉も何とかなります。みじん切りなんかはちょっと厳しいですけどね。まぁ、個人的な趣味もあってナイフは結構好きなんですよね。機能性と様式美を兼ね備えた工芸品なので。

90年代の少年犯罪の影響か(恐らくこの頃に銃刀法も規制強化されたと記憶しています)、日本のアウトドアショップでこの手のナイフを滅多に見なくなりましたが、前回の留学地、ディジョンの幾つかのタバコ屋では、「プレゼント」として、この手のナイフがショーケースに入れられていたました。へぇ~…と思って買ってみたのですが、切れ味鋭く、今回はお世話になってますね。折り畳みなので、持ち運びにも別段に鞘を付ける必要もないです。


最後に、9月16日にレストランで食べた、トゥールーズなどフランス南西の名物料理「カスレ」の写真。
P1050810.jpg
「カスレ」とは、白インゲン、ソーセージ、カモ肉を煮込んだ高タンパクな料理です。旧ブログでも載せたと思います。カモ肉は好物でして、この料理は覚えて帰りたいなと思ってますが、日本じゃカモ肉とかダシになるソーセージとかの入手が難しいかなぁ…。

寒くなる前にトゥールーズの町の風景は写真に収めておくべきですね…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィル

×さとし

Author:×さとし
旧ブログはこちら→ journaldijon.blog101.fc2.com/

今はトゥールーズにいます。エラスムスの学生として、ヨーロッパのあちこちで迷子になっていくはずです。

カウンター
最新記事
コメント
アーカイブ
カテゴリ
Derniers rétroliens
検索
リンク
Code QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。